人生はいつでも変えられるから楽しいのです

出荷するときの箱づめ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

今夜は、

7~8年前に行っていた、

お店が閉店するので、

挨拶がてら飲みに行きました。

開店時に結構、

かよっていたのですが、

その後貧乏になって疎遠

でも寿閉店なので、

喜ばしいことです。

お店続けるって、

難しいですね。

 

 

Amazon の倉庫( FC )へ送るとき注意すること

 

 

 

Amazon の便利なシステム

“ FBA ”

 

そのシステムを使うため、

Amazon の倉庫へ商品を送りますが、

箱詰め作業は、

なれないと結構時間がかかります。

 

なぜか?

 

“できる限り

箱一杯に詰め込みたいから“

 

スカスカにしたら、

配送費で、

商品 1 個あたりの利益が薄れます。

 

できる限りツメツメにしたいと思うはずです。

 

ここで注意してほしいのは、

ツメツメにするのはいいですが、

箱が凹みやすい、

壊れやすいのものは、

ツメツメにしないことです。

なぜか???

 

 

当然、トラックで運ぶとき段ボールは、

積み重ねます。

 

ですから、

箱の上部に柔らかいものがあると、

上に載ってるダンボールで、

押しつぶされることがあるのです。

 

僕も数回ありました。

テクサポから、

「商品の外装がつぶれているので“新品”で出せません」と

 

運送会社に文句言っても、

どうしようもありません。

 

だってダンボールをつぶしたわけではないと思うので。

(つぶしたこと立証できませんし)

時間の無駄です

 

つめる時は、

箱の上部にクッション材か固いものを、

かました方がいいです。

 

 

箱詰めする時の段ボールの大きさ判定

 

 

 

箱詰めする時、

箱を用意しますが、

どのサイズが適当なのか最初のうちはわかりません。

 

 

そりゃ、

「大は小を兼ねるから 160 サイズでいけばいいやん」

と思われるかもしれませんが、

1 箱目はパンパンでも、

2 箱目はスカスカってなると、

運送費がもったいないです。

 

 

箱詰めする時、

箱を組み立てる(テープで貼るだけですが)ので、

ダメな場合、

商品を取り出してテープをはがすという、

面倒くささがでます。

 

できる限りこういうことをしないようにするには?

 

 

床に箱詰めする商品をある程度固めてください

そこへ、ダンボール(組み立て前)を持ってきて、

広げてください。

 

これだけで、

このサイズで入りきるかなぁ?ってのが、

おおよそわかります。

 

あと、

数箱ある場合は、

1 箱詰め終わっても封をしないでください。

 

なぜか?

 

次の箱に入らない商品がでてきたら、

最初の箱に入らないか、

試行錯誤できるからです。

 

 

箱詰めはパズルみたいなものなので、

商品をあれこれ入れ替えてみてください。

 

 

で、数箱全部詰め終わってから封してください。

 

慣れてくると、

目測でできるようになります。

できる限り、隙間を少なくして送りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.