人生はいつでも変えられるから楽しいのです

お客様からの急な電話に対応できるようにすること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

6月6日ってなると、
あの映画を思い出します。

オーメンの映画

「悪魔の子ダミアン」
の頭には“666”のあざがありました。

自分含めて、
他の人に無いのか見たくなった年頃の映画です。

超怖かった~ですが

 

 

 

お客様から電話がかかってきました

 

 

先日、お客様から電話がありました。

Amazon専用の番号にしているので、
Amazon関係とわかるのですが、
通常、出ません。

なぜかというと、
セールの電話とか多いのと、
クレームであればメールで頂くようにしているからです。
あと、amazonのカスタマーサービスが対応すると説明文に書いているからです。

今回はたまたま出ました。

問い合わせの要件は、

「プラモデルを買ったが部品が1個足りない」

たまに“あるある”話です。

即答で、
「メーカーへ連絡して下さい。無償で送ってくれますから」と、
「その際領収書等を求められることもあるので、amazonの注文履歴から、
印刷してください」と

最後に、
「どうしようもない場合は返品してください」と。

そしたらお客様が、
「そちらを通さなくても大丈夫ですか?」 って聞かれたので、
「大丈夫です」と返答。 お客様は理解していただき、
電話は終了。

その後、
連絡がないので無事解決したかと思っています。

 

 

 

お客様からの電話には慌てず、ゆっくりと対応すべし

 

 

 

「せどり」をやりだしたころ、
さっきみたいに即答できず、
あたふたしていました。

今回のお客様は怒っているわけでなく、
「困っている」ので、
その問題を解決してあげただけです。

クレームになると、
返答に慌てることが多いですが。

お客様が言いたいことをある程度言わせて、
ゆっくり“否定”の言葉は使わずに、
誠心誠意対応している感を出して、
ゆっくり、
対応しましょう。

解決方法がすぐに見つからない場合は、
調べてから連絡するか、
「返品してください」を使うのも一つです。

電話はお互いの顔が見えないので、
声と言葉で表現するしかありません。

言葉はすぐに出ませんので、
日頃勉強するのもいいかと思います。

クレームに対応する本

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.