人生はいつでも変えられるから楽しいのです

今日も、“○○”の特集がありました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

月曜の朝は、
「今日は何曜日なのか?」って、
頭の中で確認しています。

以前、日曜と勘違いして、
寝坊したことがあるので。
土曜に仕事すると、
よく起きるパターンです。

 

 

今日も“副業”の特集がありました

 

 

今朝の朝刊に“副業”の特集記事がありました。

先週はAERAでも特集していました。

“副業”だけでなく「副業」「起業」「転職」も合わせてですが。

この時期に、この手のテーマが取り上げられるのは、
“5月病”とかでやめる新入社員がいるからでしょうか?

記事の要点です

・2018年の調査で、ミドル層の6割が「転職」を経験している

・50代前半での転職で賃金が減った人が3分の1以上いる

・副業がある人の、本業の年間所得は299万以下が3分の2

・副業を認める企業が増えている

この場合のミドル層とは45~54歳を指しています。
25~34歳でも転職経験率は44%となっていて、
自分としては“高い!”と思います。

転職して収入が減ったという人は、
年齢が上がるにつれて人数が増えています。

これはどこの企業も、
中年層に対し厳しい事を意味していると言えます。
よほどの人材でなければ、
転職して収入が増えることはないでしょう。

 

 

“副業”をする人は増えています

 

 

“副業”を希望する人は、
1992年は290万人だったのですが、
2017年は424万人に増えています。

本業だけで生活できないのと、
今後(未来)が暗いからでしょう。

自分もそのうちの一人です。

これから、ますます“副業”しようまたはする人は増えるでしょう。

企業が“副業”や“複業”を推奨する意味は、
本業に対していい恩恵が出ると思っているからです。

目先の稼ぎも必要ですが、
“副業”も本業へいい影響が出るような、
業種業態を選びましょう。

“副業”やる人が増えるから、
ライバルが増えてやりにくくなるというような、
マイナス発想はしないで、
“副業”がしやすい環境ができていると、
プラス発想しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.