人生はいつでも変えられるから楽しいのです

“本”を売るときに気をつけること

 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

今日は、

「 ONE PIECE の日」だそうです。

1997 年の連載開始日にちなみ、

連載 20 周年を記念し集英社が制定したとか。

フィギュアは、

たまに出品していました。

どこまでス―トーリーが進んだのか、

読んでないので

久しぶりに見てみようかな。

 

 

書籍には「再販制度」っていう決まりがある

 

 

本には、

再販制度(定価販売)とは、

書籍や雑誌を全国同一価格で販売する制度です。

※ CD もです

出版社(メーカー)が個々の出版物の小売価格(定価)を決めて、

書店(販売業者)で定価販売できる制度

この制度は、独占禁止法で認められています。

となっています。

ですので、

「新品」のコンディションで販売する場合、

定価以上の価格をつけてはいけません。

書籍を「定価」以上で売ろうと思うと、

「中古・ほぼ新」かそれ以下のコンディションで、

売るしかありません。

出品者を見ると、

「新品」でプレ値付けていることありますが、

違反です。

Amazon は特に注意はしませんが、

出版社や著作者が Amazon へクレームをつけたら、

即、セラーへ注意喚起か下手したら垢バンくらうかもです。

気をつけましょう

 

 

じゃあ、いくらで売ったらいいのか?

 

 

では、

すべての書籍を「定価」以上で売ってはダメなのか?

っていうとそうではありません。

「定価 ○○円」って表示されているモノがダメなのです。

それが

「○○円」だけとかの表示であれば、

「価格」以上の数値がつけられます。

あと、

「新品」のコンディションでは定価で売らないといけません。

「中古・ほぼ新品」以下のコンディションであれば、

「定価」以上の値段で売ってもいいのです。

本は CD の多くは、

“薄利多売”です。

なかにはプレっていて、

一撃数千円ってのもあります。

 

他の皆(セラー)がやっているから大丈夫だろうと思わず、

価格については注意してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.