人生はいつでも変えられるから楽しいのです

副業を続けるために必要なこととは?

2019/04/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

「せどり」やりだしころに買った、
カレンダーがまだあります。
なんとかして、1円でも利益がとれたらなぁって、
思っていますが、
売りきれるかな?

 

副業をやることは、「恥」たと思っていました

 

“副業”って今では、
やっていること、
年齢に関係なく、
かなりオープンに言えるようになったと思います。

自分は昔人間なので、
40代後半でやるときは、
かなり自分自身の中で、
葛藤がありました。

本業だけで生活できないって「恥ずかしい」と。

でも、家族を養う、
自分自身が生きるためって思えば、
何も「恥ずかしい」なんて思わなくていいし、
他人が何を言おうが気にしなくていいと思いました。

“仕事”なんて手段(生きるための)なので、
一つだけでなく複数やっていても「恥じる」ことなんてないです。

 

“副業”を続けるためのコツ

 

副業を続けるには、
色々なハードルが出てきます。

ハードルとは、
本業で残業とか、休日出勤とか、
家で急に子供を送り迎えとか、買い物に連れていくとか、
友達に飲みに誘われるとか・・・
こういったことです。

断れないことが多いですよね。

そうすると、
副業に使おうと思っていた時間がつぶされます。

そうなると、
結果が思うように出せない。

で、
「自分には無理だ」
「この副業はあっていない」など、
理由をつけて辞めてしまいます。

せっかく始めたのにもったいないです。

「せどり」は他の仕事と比べて、
時間の使い方がフレキシブルにできる仕事です。
自分の都合に合わせられるって事です。

ですので、
急な用事で時間をつぶされても、
ほかの時に挽回ができます。

ただいっても、
自分のペースでやりたいですよね。

自分は家族に、
「せどり」は仕事なので、
基本土日に急なことは対応できないよう言っています。

ですので、
用事があれば事前に言ってもらうようにしているのと、
「ダメな時はダメ」(仕入れがたりない時など)と言います。

本業の仕事も断れないですが、
時間がとられたら、
夜とか有給休暇をとって挽回するようにしています。

 

副業って何?

 

とにかく何が言いたいかといいますと、
「副業」って呼びたくないのです。

今や「せどり」は自分にとって、
「副業」でなく「本業」です。
本業の収入には追い付いてはいませんが、
思いは『本業』です。

『W本業』?
今風で言えば『二刀流』?
なんです。

ですから、
『副業』いや『本業』のペースを崩されないよう、
周りに認知させましょう(特に家族に)

もう一つの『本業』に認知させるのは難しいので、
「せどり」ができる環境をつくれるようにしましょう。
『本業』にさとられないよう、
時間の使い方を工夫しましょう。

それができない環境ですと、
他の「副業」をやるのもなかなか難しいです。

自分ができているよう偉そうに言っていますが、
100%は出来ていません。
どうしても人に合わせないといけない時があります。

100%でなくていいです、
60%ぐらいで出来る環境をつくれたら合格です。

“環境”これだけは自分で作らないと、
どうしようもありません。

まだ、
お伝えしたいことはありますが、
とりあえず今日はここまでに。

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.