人生はいつでも変えられるから楽しいのです

2050年問題は深刻です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

雨が続きますね~
やっと「梅雨」らしくなってきました。

雨もたまに降るのはいいですが、
連日となると、うっとうしいです。

特に大阪は湿気が高いので、
体も心もジメジメしてきそうです。

 

 

2050年の日本

 

 

内閣府が算出したもので、
日本の全人口は、2050年には現在の1億2600万人から4000万人減り、
8000万人台に突入する。と予測しています。

そのうちの4割、3000万人以上が65歳以上の高齢者。
反対に、現役世代は4000万人あまりしかいない。
現役世代は老人を、ほぼ1対1の「肩車」で支えることを強いられると。

老人のうちの1人に僕も入っています。
2050年、今から31年後は平均寿命ギリギリで生きている年です。

年金はなくなる可能性が大かもですね。

“日本”はどうなる?
どうするんでしょうね?

外国人の受け入れなど言っている人もいますが、
3000万人の高齢者を養うすべがあるのでしょうか?

 

 

人口が増えない原因

 

 

現役世代が増えない原因として、
色々あると思いますが、

「出生率」が年々下がっていることが挙げられます。

しかし、
これは産みたくても産めない事情があります。
「収入が増えない」
「子供にお金がかかりすぎる」
「子供ができない」
などなど。

もう一つは、
「婚姻率」

結婚しない人が増えています。

生涯一度も結婚したことのない人
35~39歳の男性で、
1985年は、14.2%でした。
2015年は、35.0%と約2.5倍になっています。

35~39歳の女性では、
1985年は、6.6%でした
2015年は、23.9%と約3.6倍になっています。

30~34歳の男女も似たような傾向です。

これも「結婚したいけど」できない理由は、
人それぞれです。

「結婚しない」⇒「子供が生まれない」⇒「老人が増える」
の悪循環をなんとかしないと。

一つ一つの改善は、
個人の問題もあり、
すべてを国のせいにするつもりはありませんが、
社会の仕組みを変えないといけないと思います。

「消費税」をちまちまあげたりしているのではなく、
30年、50年、100年先を見据えた、
方針や目標を打ちだして、
具体的な施策を行ってほしいです。

政治家はそのために働いてもらわないといけない。

来年のことさえ「不安」に思っている日本で、
「パートナー」をつくって、
「子供」をつくろうという気にはなれないでしょう。

「不安」より、
「期待」がもてる国になってほしいです。

今回は「せどり」に関係なく、
固い話でスミマセンでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.