人生はいつでも変えられるから楽しいのです

「せどり」を始めた時の数ヶ月にやること

2019/06/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

今日は娘の誕生日
18歳です。

子供の成長は、
はやいですね。
自分が歳をとるはずです。

まだJKですが、
この先どうなるか楽しみです。

たよならない父親にならないよう、
これからも、がんばっていこうと思います。

 

「せどり」を早く覚えるコツとは?

 

 

「せどり」を始めると、
・色々な手法
・色々な商品ジャンル
が出てきます。

初めなので、
どれからやればいいか迷います。

結論をいうと、
どれにも「メリット・デメリット」があります。

どれもこれもいいように思えます。

でも、一度に全部おぼえられませんよね。

スポーツなんかは、
「基礎」をしっかり覚えたうえで、 「我流」ができます。

最初から「我流」で通用する人なんていません。

「せどり」にも同じことが言えて、
「基礎・基本」をしっかり作ったうえで、
次の手法、商品ジャンルに手を出していくことをおススメします。

 

色々な手法とは?

 

 

「店舗」と「電脳」の2つに大きく分かれます。
それ以外は、「卸」「メーカー取引」などがあります。

素人の僕にとって、
「卸」や「メーカー取引」はハナから無理です。
したがって、
「店舗」か「電脳」の選択となるのですが、
当時、「電脳」という言葉も知らなかったし、
「せどり」を知った指南書が、
「店舗」だったので「店舗」オンリーとなりました。

指南書は、
クラスター長谷川さん
『世界一やさしいAmazonせどりの教科書1年生』

「電脳」から始めるのもいいとは思いますが、
「店舗」がやりやすいし、
“結果”がわかりやすいです。

「せどり」をやるのであれば、
「店舗」をおススメします。

 

 

色々な商品ジャンルとは?

 

 

手法の次に悩むのが、
どの「商品ジャンル」を扱うか?です。
家電?オモチャ?ヘルビ?食品?キャンプ用品?などなど、
たくさんあります。
ジャンルによって、
見方や行く店舗が変わってきます。

Amazonで申告が必要なジャンルは、
どっちみち取り扱えないので、
後でいいでしょう。

これはどれからがいいかというと、
「自分の好きなジャンル」でいいです。

「オモチャがもうかるよ」
「食品が即売れだよ」とか、
知り合いやメルマガ、ブログ等で情報が入ってきて、
美味しく聞こえます。

でも、自分の得意ジャンルができていないのに、
違うジャンルへ行くと、中途半端になってしまいます。

先ほどの「手法」に似たような感じで、
自分の仕入れの“柱”となるジャンルをつくってください。

例えば、
仕入れの70%が「家電」、20%が「オモチャ」、10%「食品」とかに。

色々、覚えるのは最初の数ヶ月はやめておいた方がいいです。

覚えていくのは、
時間をかけながらにしましょう!

「知らないより、知っている」方が仕入れの幅は広がりますので、
ぜひ覚えましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
とっちー
何歳からでも、誰でも、人生は変えられる!                                                   「せどり」の奇跡であなたも大逆転!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せどりブラザーズ とっちー , 2019 All Rights Reserved.